FX大損をすると
メンタルが崩壊して
何もやる気が起きなくなります。

私もFXで1,000万以上の大損をして
メンタルが崩壊して
FXから一時引退するはめになりました。

 

では、そのメンタル崩壊から
どのようにして復活したのか?

これについて今回はお伝えしていきます。

 

大損の原因は損切りにあった

私がFXで大損した主な理由は、

・損切りせずにナンピン
・損切りしてもすぐに入りなおす

といったように、
損切りができなかったり、
損切りをすることが
極端に苦痛だったことが原因でした。

 

特に私の場合、
負けず嫌いな性格なので、
損切りが苦痛で仕方ありませんでした。

 

その為、エントリー後即逆行されると、
悔しさのあまり損切りができなくなり、
ナンピンをしていました。

仮に損切りができたとしても、
すぐにエントリーしなおして
“また損切り”
というのを繰り返していました。

 

これらの行為によって、

・ナンピン
・リベンジトレード
・ポジポジ病

といった悪い癖が身に付いてしまい、
1,000万以上の大損をして
メンタルが完全にやられました。

 

メンタル崩壊からどう復活したか?

FXで1,000万以上の大損をしてからは
メンタルが完全にやられて、
全てが嫌になりました。

「俺は一体何をやってるんだろう」

なんて気持ちがしばらく続いて
消えてしまいたい気持ちでいっぱいでした。

 

その為、
まずはFX自体を完全に止めました。

このままFXを続けたとしても、
確実に負け続けて
更にメンタルがやられるのがわかっていたので、
一旦FXから離れる事にしました。

 

FXに関することは目にしないように、
あまりPCも開きませんでした。

それでも頭の中は、
資金を失った悔しさやむなしさ、
やり場のない怒りでグルグルでした。

 

かといって、FXを再開しても、
また負けるのがわかっていたので、
本当に何もできない状態に陥ってました。

 

でも、ここでとことん落ち込んで、
「あの時ああしておけば」
というのを考えまくったお陰で

「なぜ大損したのか?」

というのを時間が経つにつれて
わかってきました。

 

だから、FXで大損して
メンタルがやられたら、
変に大損を忘れようとするのではなく、
まずはとことん落ち込むのもアリだと
私は考えています。

 

「何であそこで損切りしなかったのか?」
「あそこでエントリーしなければ・・・」

といったことを
考えに考えていいと思います。

 

もちろん、大損したので、
とことん落ち込んだからと言って
“メンタル的にスッキリする”
ということはないです。

 

ですが、落ち込んで色々考えていると、
その内、自分が大損した理由に気づいて
次にやるべきことが見えてくるので、

「また頑張ってみようかな」

といった感じで、
そこから少しずつ
気持ちが前向きになります。

 

メンタル復活後にやるべきことは?

FXで大損して、
とことん落ち込んだ後に
自分の欠点がわかって
メンタルが復活したら
まずやるべきことは、

・トレード記録の確認
・検証

この2つになります。

 

トレード記録の確認

メンタルがある程度復活して、
気持ちが前向きになってきても
すぐにリアルトレードをしてはダメです。

 

なぜなら、大損した時というのは、
色んな悪い癖がついている状態なので、
それらを自分でちゃんと認識せずに
トレードを再開したところで、
また同じ過ちを繰り返すだけです。

 

だから、まずは自分が大損した時の
トレード記録を見返すことです。

もちろん、苦痛ではありますが、
ある程度時間が経っていれば、
意外にしっかり見れます。

 

その為、自分のトレード記録を見返して、

「自分がいかにダメなことをしたのか?」

というのを認識しながら、

「ここが大損の原因だな」

というのも把握していきます。

 

これをすることで、
何が原因で大損したのかを
よりはっきりとさせることができて、
改善点も明確になります。

 

検証

自分の愚かさや改善点がわかったら、
今度は検証をしていきます。

 

いくら改善点がわかったとしても、
まだ悪い癖というのは抜けていません。

その為、検証をして手を動かすことで、
自分の手法の優位性を頭に叩き込んでいきます。

 

基本的にFXで大損する時って

・損切りができない
・損切りが悔しい

といったことが主な原因です。

 

じゃあ、なぜこのような事が
起きるのかというと、
自分のトレードに自信がないからです

要するに、自分が使う手法の優位性を
ハッキリ認識できていないから、
損切りができなかったり、
損切り後にすぐ入りなおしたりして
メンタルが崩壊して大損をするわけです。

 

だって考えてみてください。

 

例えば、10回中9回が損切りで
1回しか利食い出来なくても
トータルの損益が+300pipsになると
わかっていたら、
躊躇なく損切りができますよね?

 

ということは、
自分が使う手法が

「トータルでプラスになる」

とはっきりわかっていれば、
損切りの時に苦痛を感じても
メンタルが崩壊することを
抑えることが可能になります。

 

その為、手法の優位性を
しっかり頭に叩きこんで
トレードに自信を持つために
徹底的に検証をしていくわけです。

 

実際に私自身も、
FXで退場してメンタルがやられてから、
徹底的に検証を行っていくことで
自分が使う手法に対して自信を持ち始めました。

そしたら、徐々にトレードが安定していき、
なんとかFXで結果を出せるようなりました。

 

因みに、

・トレード記録を見返す
・検証をする

という2つは、
FX成功者達が必ずやっている事です。

 

この点について、
記事を書いてみたので
内容を詳しく知りたい場合は、
以下も読んでみてください。
FX成功者達の真の共通点とは?見るべきポイントはコレ!

 

まとめ

今回は、FXで大損をして
メンタルがやられた後の復活方法について、
私の経験をお伝えしてきました。

 

FXで大損すると、
メンタルがやられて
何もしたくなるのですが、
私個人としては
それでいいと思っています。

とことん落ち込んで
自問自答していれば、
その内、自分がやるべきことがわかり、
前向きな気持ちになってくると思うので。

 

ただ、気持ちが前向きになっても、
すぐにリアルトレードは再開せずに、

・トレード記録の振り返り
・検証

といったことを
まずはやっていくようにしましょう。