FX大損する原因に
スキャルピングが大きく関係しています。

実際に私自身も、FX初心者の内から
スキャルピングをしたせいで
1,000万以上の大損をしました。

 

では、なぜスキャルピングが
FXで大損する元凶になるのでしょうか?

今回は、その理由を
私の体験談からお伝えしていきます。

 

速い値動きに翻弄される

FXのスキャルピングが
大損の原因になる理由として、
速い値動きに翻弄される点があります。

 

スキャルピングの場合、
1分足を主体にして行うので、
値動きが速くて荒いです。

特にポンド系の通貨で
スキャルピングをすると、
この動きが顕著になります。

 

その為、スキャルピングをすると
値動きに翻弄されて、
損切りを多発することになります。

 

そして、損切りが多発してくると、

「これ以上、損をしたくない」

という気持ちが強くなり、
損切りをせずに戻ってくるまで
放置をしたり、
ナンピンをしたりします。

 

基本的に損切りをしないで放置したり、
ナンピンをしたりしても、
80%以上は戻ってくる事が多いです。

しかし、たった1回だけでも、
とことん逆行されると、
強制ロスカットになってしまい
大損をするわけです。

 

そして、大損をすると、
今度はそれを取り返す為に、
大ロットでリベンジトレードをし始めます。

 

しかし、大損した時というのは、
負のサイクルに入っていることが多く、
リベンジトレードをしたとしても、
ほぼ確実に負けることになります。

よって、結局このトレードでも
大損するはめになり、
大損が大損を引き起こす事になるのです。

 

悪い癖がつく

スキャルピングをして大損すると、

・ナンピン
・リベンジトレード
・ポジポジ病

といった事を何度もやってしまい、
最終的にはこれらの行為が癖になります。

 

こうなってしまうと、
どんなトレードをしたとしても、

損切りができない

ナンピン

強制ロスカット

リベンジトレード

強制ロスカット

といったサイクルに陥ってしまい、
ポジポジ病によって、
ひたすら同じことを繰り返していき
大損をすることになります。

 

実際に私もスキャルピングで
大損した際に、
見事にこれらの悪い癖がついてしまい、
何をやってもダメでした。

その為、結局、
これらの癖が抜けるまでに
5年以上の時間が掛かりました。

 

視野が狭くなる

スキャルピングをやっていると、
1分足しか見なくなるので、
視野が一気に狭くなります。

 

これによって、

・サポートラインで売る
・レジスタンスラインで買う
・トレンドと逆の売買をする

といったように、
全てのトレードが裏目に出て、
エントリーした瞬間に逆行されて
即損切りが起きることになります。

 

しかも、1分足の場合、
たった数pipsの値動きであっても、
大きく動いたように見えてしまい、
飛びつきやすくなります。

その為、これによっても、
損を多発することになり、
結局トータルで見ると
大損することになるのです。

 

まずはデイトレードから始めよう

FXでのスキャルピングと聞くと、

「2~3pipsをサクサク取れる」

なんてイメージがありますが、
大損しやすい状況が作られやすいので、
最も難しいトレードスタイルになります。

 

その為、まずは15分足以上の
デイトレードから始めるのがオススメです。

 

15分足以上の時間軸になると、
値動きがゆっくりになることから、
落ち着いてトレードができ、
ポジポジ病が出にくくなります。

また、損小利大のトレードが
できるようになるので、
仮に損切りになったとしても、
1回の利食いで取り返せるどころか
プラスにすることもできます。

 

よって、これが精神的余裕を生むので、

“損切り後に切れて
リベンジトレードをする”

といったことが少なくなります。

 

サラリーマンは1時間足以上のデイトレがオススメ

サラリーマンの場合、
FXに使う時間が少ないことから、
サクッと利益を取ろうとして
スキャルピングをやる傾向があります。

 

しかし、例えば、
寝る前にスキャルピングをして
損切りになったりすると、

「すぐに取り返せるだろ」

なんてすぐにトレードをしてしまいます。

 

そして、また損切りになると、
熱くなって再エントリーをして
損を取り返すまで永遠と
スキャルピングをすることになります。

こうなってしまうと、
寝れなくなってしまい、
本業に大きな支障が出ることになります。

 

更に最悪なことに、
スキャルピングで大損をした状態だと、
少しでも取り返してやろうと思い、
昼休みなどにも
トレードをする事になります。

 

これをやって損切りになると、
仕事中に居ても立っても居られなくなり、
ちょこちょこスマホを見ては
レートが気になってしまいます。

そしてこんなことが続いていき、
生活が破綻していくのです。

 

その為、サラリーマンの場合は、
日中相場を見なくても済むように
1時間足以上のデイトレードをした方が
はるかに安全です。

 

まとめ

今回は、私の体験から
FXでのスキャルピングは
大損の元凶なることを
お伝えしてきました。

 

スキャルピングは
利益を出せるようになれば、
最強のトレードスタイルです。

しかしその分、
難易度も非常に高く、
大損をしやすくなります。

その為、デイトレードで
利益が出せないような内は
スキャルピングに手を出すのは止めましょう。

 

FX成功者に共通するポイントを
知りたい場合はこちら。
FX成功者達の真の共通点とは?見るべきポイントはコレ!